読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

USCPA 過去問 Dollar-value LIFO Retail Method

Dollar Value LIFO Retail は、なんか順序が難しい。

計算の順番を覚えればできる。

まずは、Retail Value側のDollar Valueを計算して、原価率掛けてコストに戻してあげる。

 

On December 31 of the previous year, Jason Company adopted the dollar-value LIFO retail inventory method. Inventory data are as follows:

 LIFO CostRetail
Inventory, 12/31 previous year $360,000 $500,000
Inventory, 12/31 current year - 660,000
Increase in price level for current year   10%
Cost to retail ratio for current year   70%

Under the LIFO retail method, Jason's inventory at December 31 of the current year should be

  • $437,000
  • $462,000
  • $472,000
  • $483,200

 

売価で、Inventoryは1年目から2年目に、660000-500000で、160000増えている。

① しかし、2年目でインフレ10%が発生した為、660000は1年目の金額ベースでみると多く見積もられている為、インフレ率を除いた額を出す。

660000÷1.1 = 600000 (Base Year Price LevelのRetail Inventory)

 

② もう一度計算すると、一年目から2年目で600000-500000で、100000増えた。

 

③ しかし、この100000は売価なので、原価に直してあげると、

100000 X 70%=70000

 

④ さらに、この70000はBase Yearでのコストなので、インフレ率をかけ戻して現実の値段にしてあげる

70000 x 1.1 = 77000 (コストベースのInventory増加分)

 

⑤ 元の1年目コストに2年目増加分を足す。

360000+77000 = 437000