読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

USCPA 過去問 conventional retail inventory method

Conventional retail inventory method とは、またの名をAverage LCM method ともいいます。

www.accountingforworld.com

いつもお世話になっているサイト。今日もお世話になります。

以下の問題を特にあたり必要な知識は。。

 

まずこれはRetail Method売価還元法という、Inventory Valuationの一種でしゅ

InventoryをCost原価ではなくRetail売価で評価しておき、その金額から原価率(Cost÷Retail Value)をかけて最終在庫原価とCOGSを求めることができる。

 

計算に必要な情報は、

原価率(Cost÷Retail Value)

・Retail Valueで測定したEnding Inventory

 

そしてRatail Valueの計算方法が4つあり、見分けるキーワード

・低価法LCM(Conventional Retail Inventory Method) は、値下げMark downを考慮しない

・ちなみに原価法Cost Methodは、Mark downも考慮する

 

・Average平均法と明記がある場合、Beginning Inventoryを含める

FIFO先入先出法とある場合は、Beginning Inventoryはふくめない

 

以上を踏まえて、下の問題。

Hutch Inc. uses the conventional retail inventory method to account for inventory. The following information relates to current year operations:

 

          Average                 

 

 CostRetail
Beginning inventory and purchases $600,000 $920,000
Net markups   40,000
Net markdowns   60,000
Sales   780,000

What amount should be reported as cost of sales for the current year?

  • $480,000
  • $487,500
  • $520,000
  • $525,000

 

Conventional Retail methodなので、Markupsは足していいけど、Markdownはひいちゃダメ。

原価率は、Cost÷Retail Value

600000÷(920000+40000)=0.625

 

Ending Inventoryは、BI+makrup - mark down - sales

920000+40000-60000-780000=120000

 

このEI$120000 に原価率0.625をかけて 

=75000 が、Cost of Ending Inventory

 

Begining Inventory600000からEnding Inventory75000引いて、

=525000 Cost of Sales