読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

USCPA 論点メモ Noninterest-bearing Note

Noninterest-bearing Notes というのは、利息が発生しない手形、というわけではなく、利息分を割引サービスしてくれた手形。

 

実行利息法の概念を用いて計算する。現金などの目に見える形で利息の支払いは発生しないが、Face Value 額面とPresent Value 現在価値の差額を利息とみなす。

 

 

以下の例題の答えにもなるが、

Jole Co. lent $10,000 to a major supplier in exchange for a noninterest-bearing note due in three years and a contract to purchase a fixed amount of merchandise from the supplier at a 10% discount from prevailing market prices over the next three years. The market rate for a note of this type is 10%. On issuing the note, Jole should record

 

Discount on note receivable

Deferred Charge

 

a. Yes Yes
b. Yes No
c. No Yes
d. No No
 

 

Noninterest-bearing Note$10000を10%の金利(Market rateと書いてあるけど、Noninterest-bearing Notesなので、Discountが発生することになる。 よってdiscount rateとして扱う)で受け取った場合(期限一年)受け取った側の仕訳はこうなる。

(受取日=発効日)

Dr Notes Receivable 10000 /

         / Cr Discount on Notes Receivable 1000                            (10000*10%*12/12)

         / Cr Sales Revenue 9000 (Plug)

上記仕訳の通り、Noninterest-bearing Notesであっても、Discount on Notes Receivableは発生する。

Sales Revenue を計上するときは、Face Valueではなく、Plugで計算した、Discount後の数値を用いる。

 

Purchase Commitment=割引をしてもらう代わりに今後三年間絶対に相手の商品を購入するという約束をこの問題ではしているので、将来支払いをする義務が生じているため、Deferred Chargeが発生する。

Dr Deferred Charge/

        / Cr Accounts Payable